<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

金閣寺、亜門の解釈

宮本亜門演出の金閣寺。
赤坂ACTでやってたので、観てきた。
例によってチケットはあけびネットで仕入れたのだが、売りに
出していたのは福島の方。
えー、被災地の方が三島を?と変な感動をしたのだが、お金を
振り込んだらすぐにチケットが送られてきて、素敵な人妻風の
メッセージが添えられていた。

金閣寺はいまや古典といってもいいのだが、鋭く個と社会、
そして個の内面に潜むエロスをえぐっている素晴らしい作品だ。
なにが素晴らしいかというと、ご承知のように、三島という人は
肉体の質量というものを携えて物事を語っている。
魂、肉、思想、その3点セットが、トライアングルか同じ水平か
よくわからないが、まことにバランスよく配置されていて、
身体的差別用語を聞いていても、心地よく響いてくるくらいだ。

若き坊主は老師に、自分自身を透視して解を与えてくれと懇願する。
老師は、「そんなことは、おまえの顔に全部出ている」と
言い捨ててサッサと消えていく。
肉体に思想のすべてが表出してくるというのは正しい認識なんだが、
では、肉体を磨けば思想も純化返しされるのか?
三島という人は魂と肉体の同時性を意識していたように思うのだが
では、鍛錬されてない肉体の持ち主に純化された魂は宿らないのか。
いや、他愛もないつまらない話かもしれないが、俺は、三島の
名前を聞くと、いつもそう思う。これは宿題だ。

美醜の究極の一致、そこには聖性がある。
そのあたりの三島美学は、うまく演出されている。
老師の偽善的なオンナ遊び、びっこの男が隠微なオンナと微妙に
できる場面。
若き坊主は美醜の一致が究極の真であることに思いをいたし、
美のみであろう金閣を、あるいは醜となすためか泰然と燃やす。
それは、まったく簡単な日常的仕事ゆえに、一仕事終えた坊主は、
労働者のように、タバコをふかす。
このあたりのシーンが、この小説を観念的なシラジラしさから
すくい上げてるようで、なんともすがすがしい。
だから、われわれは、ある種の静謐さをもって、三島「金閣寺」の
全体像を味わうことができる。
金閣寺を燃やすという所作にたいして色々な解釈がある。
朱雀家の滅亡に通じる滅びの美学を云々する方も多いが、
それでは、金閣寺を燃やしたあとの若き坊主の、清清しい、
あるいは内面においての隠微な生命欲は説明がつかない。
三島は金閣寺のなかに、性的不能者の怨念、あるいは汚れた
老婆の肉体のなかに童貞を捨てる醜悪な若者像を塗り込めたはずだ。
それは、若き三島が、美学云々にいたるまえの、さまよえる
思春期の陰鬱な悩みをてんこ盛りにしてゲロったと考えるのが
妥当だろう。
そこでゲロったことによるスッキリ感、結果としてインポで、
変態で、男色で、退廃的で、なにが悪いという、まことに
単純な開き直り。
三島というのは文学には長けていたが、それ以外においては
単純な、路頭に迷った思想家であったと思う。
芸術家ではあったが思想家、ましてや政治屋でなかった喜劇が、
彼の悲劇性を高めているだけのような気もする。
亜門演出を語るまえに三島を語らざるをえない、おなじみ
三島作品。
三島魔術から抜けるには、いまだ年月の風化が満たされていない
と考えるべきか。
金閣寺で驚いたのは、平日の昼なのに9割近くが20台前半の
若い女性で、ばほほほ、大学の演劇部もいまだ盛んだ@@
と思ったのだ。
ところが、どーも雰囲気が演劇部員じゃなくて、金閣寺なんて
読んだこともないマヌケ面も目立つ。
ああ、森田剛や高岡蒼甫のオッカケだと、あとで気が付いた。
ミュージカルでインポといえば、1月にみたボニクラ
おれは映画で一番好きなのは、Bonnie and Clyde。
濱田めぐみがボニーをやって、3月から日生の「ジキルとハイド」
にも出るらしい。
金閣寺に比べれば、ジキルとハイドなんていうのは、レベルの低い
漫画的見世物かもしれないが、ボニーの縁でチケットを
とってしまった。

歌舞伎は勘太郎の勘九郎襲名披露、桟敷でお酒を飲みながら
みてきた。
勘太郎は「ろくでなし啄木」から、ひと皮むけたような気がする。
自信をつけたのか、インタビューでは人を食った生意気な
受け答えが目立つようになってきた。
オトコは生意気な時代があっていい、一番伸びるときだ。
海老蔵とちがって、家庭がシッカリしているから、狂うことは
ないだろう。
東劇で、玉三郎の鏡花3編をやっている。
天守物語、海神別荘、高野聖。
高野聖だけ歌舞伎でみてないので、これは、ぜひともいかな
ければいけない。
文楽は彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち)
日経に好意的な論評がのっていたが、よくわからねー
つまらないあだ討ちのハナシだから、気がのらなかったのかも。
この日の三味線はよかった。
複弦をジャラジャラ鳴らすような弾き方で、津軽三味線のような響き。
文楽は人形もいいが、語りと三味線の言霊音像感といったものも、
いいもんだ。
あとは文楽をみにいったおかげで、「三谷幸喜パルコ三部作号外」を発見
これは、観るしかないでしょ。
近松の曽根崎心中をもじった、其礼成心中@@
がははは、おもしろい・

スキーは直前になって彼女が風邪でダウン・
奥志賀をはじめてキャンセルした。
小澤征爾が死んだら長野の文化圏は地盤沈下するだろう、奥志賀高原
ホテルも閉鎖となる可能性がある。
スキーの聖地もなくなってしまうのだろうか。
そんなわけで、生まれてはじめて、近場の軽井沢プリンスで滑ってきた。
まあ、まともなヤツは、こんな人工雪のスキー場にくるわけがないと
思っていたのだが、がははは、あなた、中国人が観光バスにのって
けっこうきているのよ。
たまたま、天然雪も舞っていたし整備がいい、コースレイアウトも面白く、
いや、苗場よりも洒落ている。
来年から軽井沢ですべることにした。

相場は悪目の出尽くし模様からシッカリ。
レアルリートはレアル高もあって、今年に入って20%近くあげた。
リート全体で平均10~15%
CFD・FXのヘッジがー10%くらいだから、まあまあだろう。
気になるのが政府による、高配当投信への規制。
基準価格が上げていけば関係ないだろうが、解約売りが出てくる
可能性がある。
去年、泣きをいれてきたFPの若者に電話を入れたら、収支がプラスに
なったと喜んでいた。
がははは、そろそろ売っておきなさいと言っておいた。
おれは毎日5%、今月に入って売っている。
2月中に売り切る予定だ。
株式は日銀が米国に刺激されて、インフレ目標率導入などという
前代未聞のコメントを出したおかげで上げ歩調。
本来、インフレなどというのは、株式にとってタブーなのだが、
アホな日銀が動き始めたということと、誰もインフレがくるなどとは
思っていない、すなわち金利は当分は上がらないという安心感から、
株式市場にカネが流れ込んでいる。
バブルの再来は、万歳というわけだ。
がはっは、銀行株が上げ始めて、現物の評価損は10%台まで
戻してきた。
武富士の復讐は、オリコでやるしかないしな。
銀行株は個人投資家がヤマのようにもっているから、ここから
10%上げたら、外車が売れ始めて景気はよくなるかもしれない@@
貧乏人擁護の財政再建なんて、アナタ、経済にとってなんのプラス
要因にもならない、
貧乏平等政策は世の中が暗くなっていくだけだ。
金持ちの資産を増やせば、がははは、どんどんカネを使うから、
世の中にカネがまわって、タコの給料も上がる、バブル・バブル。
うー、俺の資産が増える@@

さて、何に投資するか。
賃貸物件は、よほどの才覚がないとそろそろ危険。
関東近辺だと中古アパート物件10%超えなんてザラ。
しかし実態は入居率7割、入っているのは年寄りと生活保護ばかり。
国家人口が減ってるなかで、賃貸業をやるには大貧民相手の割り切り。
俺は地域家賃破壊大家、那須は2万、府中で3万、川崎・練馬で4万、
池袋で7万。
礼金、敷金ゼロ、更新料なし。
不動産屋が驚く、だから、いつも満室。
安い中古物件の償却が終わっているから家賃2万円でもオツリがくる。
俺が物件を買うと、その地域の家賃体系が崩れていく。
大家潰し。
いずれ山手線で、1ルーム5万以下の時代になると思っている。
1ルームをローンで買って、管理費1万円以上払っているサラリーマン
大家はみな沈没するだろう。
そして、沈没したら、俺が捨て値で買う・
どんな時代になっても、住を必要とする人間はいるのだ。

これから沈没国家で生き抜くには、金利商売に頼るしかない。
簡単にいえば金貸しか、FXのスワップ狙い。
セブンイレブンもソニーも、みな金融業をやっている^^
これからのサラ金は、面白いだろう。
カネがないプータローじゃなくて、上場企業の見栄っ張り
サラリーマンに貸す。
彼らは見栄だけで生きてるから、中古のBMWのローン、コッソリ
やってるFXのヤケド、浮気相手へのお土産、カネがなくて
オロオロしている。
会社に電話して、このボケ、金払え!社長を出せ!といえば、
両親がすぐ払う@@
がははは、これが、今後100年、一番儲かる。
まあ、俺は品がいいから、自分ではやらないが・

諸君がやるなら今は豪ドルのスワップしかあるまい。
しかし、スワップで儲けるのは、並大抵のことじゃない。
500万FX会社に入れて、余裕をみて200万豪ドル円を
買ったとしよう。
25倍の5000万建てて、金利は概算年200万。
500万の投資に対して年利40%^^
ところが、スワップが200万貯まるのは1年後。
その間に4%豪ドルが下がったら、一瞬にして200万損失。
チャートをみればわかるように、為替というのは、けっこう
動くんですね。
ドル円はこの2週間で4.6%棒上げ。
年明け、円高の順張りに舵を切った個人投資家は、みな、
首を吊っている。。
がははは、日経には相変わらず、バカが好きなことを書いている。
この円安は長続きをしない、あるいは、長期円高トレンドは終わった。
こんな詐欺師どもは北朝鮮に送って、強制労働させたほうがいい。
為替の明日のことなんか、だれにもわかりゃしないのね、アポーン・
日経も潰したほうが、日本のためかもしれん。

ヘッジをかけてスワップをとるには、もし理論解析が可能なら、
完全相関、完全逆相関の通貨ペアを売買するしかない。
豪ドル円を買うと同時にスワップの安い完全相関の通貨ペアを売る。
あるいは、完全逆相関の通貨ペアを買う。
ところが、完全相関の通貨ペアなんていうのはない。
そこは微妙な投資感覚で判断するしかない。
俺は豪ドル円買い、ドル円売りを7対3で組んでいたのだが、
ドル円の急伸で、1%ほどやられている。
ユーロのほうが弱いと思って、ユーロ円に乗り換えたら、
今度はユーロ急伸@@
ばははは、これで2%やられ。
まあ、1000万で20万くらいの感覚だ。
不動産投資で初期費用が6%くらいかかると思えば、妥当な
損失とはいえる。
しかし全額ヘッジをと思って、ドル円を同額売っていたら、
2ケ月分のスワップが消えていただろう。
ここからは、ドル円、ユーロ円を売りあがって、イーブンに
ポジションを仕上げる予定だ。
FXのポイントは長期トレンドに耐えられるように、相当の余裕を
もってポジションを組むこと、スワップを徐々に貯めその範囲内で
ポジションを高めていくこと。
その2点を守ることが出来れば、FXも有効な投資対象になりえるが、
おそらく果実を得られる投資家は3%くらいだろう。
それは不動産投資と同じように長い年月を必要とし、淡々と事業を
こなしていくような大いなる腹芸を必要とするからだ。
FXをやってる人間の99%は、目先の利益のみ追い求めているアホ。
アホが利益を得るということはありえないのだが、さりとて3%に
賭ける人々を、とやかく言う資格など、誰にもありはしない。
われわれは、誰もがジキルであり、ハイドなのだから。
[PR]

by sniperfon | 2012-02-19 14:27