<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

高野聖

鏡花+玉三郎 東劇でみてきた。
玉三郎も今年で62歳、女形はやはり外形だから、あと数年が最後の見納めだろうと思って、
のこのこ、寒いのにお出かけ。
坊主役は、玉三郎が見込んだ獅童で、ぴったりのハマリ。
色気妖怪がでてくる奇怪な話のなかで、清廉で堅く、骨太に演じられるのは獅童しか
いなかったのだろう。
海老蔵じゃ、色気が勝ちすぎて清潔感が消えてしまう。
染五郎はやや華奢で、肉体感が漂わない。勘九郎はオドケ場がないと本人が死んでしまう。
菊之助はボンボン、亀次郎は知に走りすぎて玉三郎を喰ってしまうだろう。
まことに、配役の妙を心得ている。
玉三郎演じるオンナは色香で男をさそい、さそいに乗った男に飽きると、動物に変化させる。
坊主は誘いにのらなかったので無事ヤマを下ることになるが、その別れ際の双方の
せつなさの中に、男女の出会い、別れの永遠性が濃厚に描写されている。
色香を拒絶することで、逆にプラトニックな永遠の愛を思い続けるという、まさに鏡花ワールド。
老人の口から、オンナの色情狂ぶりを知らされた坊主は、淡々とその話を受け入れて
ヤマをくだっていく。
鏡花作品は、ドロドロ感と相応の透明性を保つことによって、宇宙的な明晰さを感覚的に
与えてくれる。
いったい、色情狂であって、その、どこが悪いのか!
いったい、奇形的な人間であって、その、どこが悪いのか!
あなたも、あたしも、たんなる奇形であって、あるいは、たんなる透明な存在であって
その、どこが悪いのか、あるいは、いいのか。
こーゆう俯瞰的な構図、別の言い方をすると大乗的な物事のとらえ方というのは、
まったく東洋的。
そして鏡花の透明性というのは、外来文化の触発を受けた結果なのだろうが、さりとて
怜悧な感じがしないのが、玉三郎に強烈に支持されている理由なのだろう。
森鴎外の作品に「青年」というのがある。
このなかで鴎外は大衆を睥睨するがごとく、自己の知識と才気、西洋文明を披瀝して
いくのだが、そのイヤミぶりは性格の悪さを露呈する。
生い立ちからくる鴎外のプライドの高さを差し引いても、明治、大正期を漂った2人の
香りの差に驚くばかりだ。
鏡花の作品は色彩や音楽を添えることによって、広大に広がっていくのであるから、
ミュージカルや歌舞伎に、どんどん取り上げていくべきだと思うのだが、そのような
動きはあまりでてこない。
四季あたりは、相変わらずキャッツ・ライオンキング・オペラ座の怪人。。
いつまで西洋文化をひきずって、その周辺をうろうろしてるんだろう。
たまたま帰りにアメリカ映画を観てきたのだが、善と悪という単純な2色構図、
異教徒を排除する狭隘な精神。
ハンバーグを食べて、浦安あたりの人工的な遊園地で遊んで、根アカに生きてるという
共同幻想にとらわれている大衆諸君。
そろそろ脱欧米の時代になってもいいと思うのだが、いまや、国語を廃して英語を
国語になんて真面目に議論される時代。
まあ、西洋文明によってもたらされた、個人主義・自由という名の壮大な無責任時代の
到来というのは、たしかに生き易い面も多々ある。
その結果、無限膨張していく我が魂のありかを担保するために、東洋的な芸術に
一片の恋をしているとするなら、なんとも皮肉な話ではあるし、俺の日常からの逃亡と
いうのも、たかがしれた話だ。

しかし、このようなトロケタ国家に対して、国家権力というのは鈍感であるはずがない^^
中学の「武道必修化」なんて話が、いつのまにか、既成事実となった。
俺にいわせると、君が代斉唱、日の丸掲揚なんて話は、たいした問題じゃない。
それは当たり前のことなんだから。
そんなたいした問題じゃないことを、まあ、市民運動だか左翼だかしらないが、アタマの
固い人間が延々と自身の延命のために騒ぎ立ててきた。
その間に、優秀なる文科省の官僚は、国粋的に若者を指導制圧できる、武道を
必修科目として導入してきたんだな。
あなたね、個性というのは、感性や魂だけじゃなくて、肉体の細部にまで宿っている
んです。
走ることは嫌いだけど、懸垂は好き。
声を出すのは苦手だけど、泳ぐのは得意。
まったく泳げないけど、卓球は燃える。
卓球なんてダサクてイヤだけど、バレーをやってみたいの@@
全人格的に個性を尊重するなら、すべて必修化するか、すべて自由化するしかない。
あぽーん、なぜ柔道や剣道、相撲・
おい、相撲なんて、やる馬鹿、いまの東京に何人いる??
デブの不良少年を番長に仕立て上げて、学校を内部統制、北朝鮮化するのが
国家権力の狙いなのか、ううう、たまらない悪寒。
裏で糸を引いたのが、安倍晋三だとも言われているが、まあ、後の祭り。
おそらく武道などまともにやれない70%の生徒は、指導の名のもとに萎縮された形で、
中学組織のなかに、ガチガチに固形化されていくだろう。
これがどれほど思春期の若者の心に影を落としていくか。
マスコミはとぼけているんだか、国家権力と裏で取引ができているんだか知らないが、
今回のドタバタ「武道必修化」について、それほど深く報道しない。
こうして、歴史は、いつかきた道を繰り返す。
お子様を進学させるなら、留学させるか、武道など知らんぷりの私立にやるしか
ないですな、お互い、孫のために^^

さて、相場のことも、書いておこう。
株は相当にいいとこまでいって、当然の売り場。
俺は現物も7割ほど売り切って、あとは、買い単価が高い金融株を残している。
株というのは底値で買えないし、天井で売ることもできない。
時間のなかで広く溶解し、他の投資案件と比較して利回りを追求するしかない。
後で述べるが、大家業に比べて投資環境があまりにも悪い。
松竹あたりを権利取りで売って、また、ゆっくり買い戻しているくらいの方が、
よほど儲かる。。松竹は、また買い戻しをはじめた。
REITも一時は2000万近くあったが、あとは200万弱、よく逃げ切った。
基本的には株投資の利回りが低くて、株に資金など回しておれないということだ。
3年前に株を1300万ほど売って、那須のアパートを買ったことがあった。
当時の株を持ち続けていたら、昨日現在で1400万。
家賃は3年で650万。
アパートを800万で売っても、株よりも儲かった計算になる。
家賃収入は経費を抜いた手取りで年間200万強。
800万で売ったら手取り利回り25%、高利回り物件、1時間で売れる。
仮に放射能で土地が売れなくても、10年で家賃は2000万近く入るから
まったく関係ない。
11年目からは償却が済んでいるから、1万円で売ってもいい。
家賃を現在の半額(1万円@@)に下げても、利回り10000%@@
う、1秒で売れる・
このような世界では、土地の価値すら意味をなさないのだ。
算数が苦手な方は、もう、読まなくてもいい@@
生活保護世帯用の家賃より低くしておけば、不動産屋が勝手に入居者を
探してくる。
キャッシュフローが大きいから、金がドンドンたまって3年で、またアパートが
買える。
六本木で2%程度の物件を買って、資産価値があるなんて騒いでいる資産家が
いるが、土地で儲けるなんて時代じゃない。
大地震がきたらビルにヒビが入って入居者はゼロ、莫大な修理費、大家はパンクだ。
アパートは簡単に立て替えがきくから、関係ない。
修繕などしないほうが、かえって安アパートの安心感があって、貧民は集まって
くるという、狂気の住センスというものも存在する@@
風評汚染地帯の投げ売りアパートを10件拾ったほうが、はるかに儲かる。
信じられない?
ばははは、この世のなかには、信じられないことがいくらでもあるのだ。
震災の影響で那須の地価も下げたので、先月、またアパートを買っておいた。
これが、まさに、被災地支援なのじゃ。
バブル崩壊後、資産家層が入れ替わっている。これは農地解放以来だと以前
書いたが、日本の貧富の差は、どんどん加速していくだろう。
金利の問題は、国家の構造そのものを変えていくのだ。

AIJなんて、あなた、1000億単位の金をドブに捨ててニコニコしている。
みっちゃん大家に委託していれば、年間50億は保証付き、20年間で1000億の
利益を、厚生年金基金にもたらしていただろう。
以前にも書いたが、金融工学なんていうのは、たいして役にも立たない。
津波と同じで、想定外のことが起きたらパー
仮に賃貸物件で運用するなら、北海道から沖縄まで、米国からアフガンまで、
リスク分散するのは大家にとって当たり前のことだ。
野村證券OB?証券OB?
一番信用できない人種だろう^^!
相場で5%の運用も出来ずに、右往左往している。
ワラント、指数先物、商品相場みな同じだ。
誰にもわからないことを、あたかも合理的な商品を装うべく数字によって
カモフラージュして、イチカバチカの丁半ばくち。
最後に小さい字で、{自己責任でお願いします・・・}

FXは、ドル、ユーロともに高値を見に行って一服。
相変わらず円安だ、円高だと、マヌケが日経でほざいているが、誰も何もわかって
いないのだから信用しないこと。
FXで勝つただひとつの方法は、はい、ヘッジをかけてスワップをとることだけ。
そして、それが、どれほど難しいことか、はい、あなたも、よくわかってますね^^
豪ドルが金利低下傾向にあるが、まだ、スワップ狙いは有効でしょう。
しかし何度もいうように、為替の変動とスワップの蓄積は、忍の一字。
そこまで忍耐して体を壊すぐらいなら、投資などやめてはやく楽になりなさいと
言いたいのだが、そうはいかないのが社会の掟、人間の性。
どうせ狂うのなら、鏡花のように、透明に逝ってしまうことです。
透明に逝くということは、禍根を残さないということ。
それだけが、あなたの残した、かすかな痕跡、生きた証・
[PR]

by sniperfon | 2012-04-07 21:33