<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

魂魄なかばからだをはなれた 

いろいろまわりくどい日々を過ごして、やっと、ひとりになって、安楽椅子に座ると
やることもない。
宮沢賢治は、そーゆうとき、けっこういいんだな。

「眼にて云う」

だめでしょう
とまりませんな
がぶがぶ湧いているですからな
ゆべからねむらず血もでつづけるもんですから
そこらは青くしんしんとして
どうも間もなく死にそうです
けれどもなんといい風でしょう
もう清明が近いので
あんなに青空からもりあがって湧くように
きれいな風が来るですな
もみじの若芽と毛のような花に
秋草のような波を立て
焼け跡のある藺草のむしろも青いです
あなたは医学会のお帰りか何かは判りませんが
黒いフロックコートを召して
こんなに本気にいろいろ手あてもしていただけば
これで死んでもまずは文句もありません
血が出ているにかかわらず
こんなにのんきで苦しくないのは
魂魄(こんぱく)なかばからだをはなれたのですかな
ただどうも血のために
それを云えないがひどいです
あなたの方から見たらずいぶんさんたんたるけしきでしょうが
わたくしから見えるのは
やっぱりきれいな青空と
すきとおった風ばかりです

老境の遊びココロで歌ったような、死を食してしまったような、それでいて
透き通って温かい不思議な詩篇。
「魂魄なかばからだをはなれたのですかな」というところは、
魂魄(が)半ば体を
離れたのですかな

魂魄は精神を支える気と肉体を支える気のことだが、その二つの気が、半ば体から
蜃気楼のように舞い上がり霧散したということのようだ。

こーゆう詩を読んでいると、一切了知という言葉がアタマの中に静かに響きわたって、
俺のココロはスーッと和んでいく。
これは、「平然と生きる」ということとは、少し違うようだ。

「人はそれぞれ 事情をかかえ、平然と生きている」(伊集院静)
人気爆発の伊集院らしい言葉だ。
これは現世の囚われ人たちにとっては居心地のいい言葉だろう。
虚無の暗い眼があって、開き直りがあって、淡々と睥睨していて、それはそれで
いいのだが、すこし賢治の眼とはちがう。
「大人の流儀」なんて本を出して恥じないとしたら、よほどの厚顔無恥か、割り切りの天才
のように思える。
伊集院は最近、すこし慢心気味のようにみえて、俺はあまり好きではなくなった。
ひらたくいえば、彼はやはり体育会系の人間だったということか。

体育会系といえば、最近はイジメの告発がはやっていて、しかし一方じゃ、多少の暴力
くらいなけりゃ、スポーツなんて上達しないという輩もいる。
少なくともスポーツ馬鹿なんて言葉があるのは日本くらいで、欧米じゃスポーツマンは
アタマもいいと相場が決まっているようだ。
スポーツ馬鹿の元祖は長島茂雄だと言ってたヤツがいたが、長島は将棋が強い天才
だと言ってるヤツもいる。
ぶほほほ、馬鹿でも天才でもいいが、暴力もほどほどにしておかないと、いまどき
新聞ネタになって懲戒解雇。
退職金がパーということになる。

なんとも生き難い時代になってきたが、生き易い時代があったの?と問われれば、
そーね、生きるってことは、そんなに甘いモノじゃありませんと答えるしかない。
鹿賀丈史演じるところのシラノ。
醜い容貌と愛、そしてなによりも人間としての矜持。
狭き門より入り生き難きを生き抜く、俺にとっては素晴らしいミュージカルだった。
こーゆう話は昔からあって、いまだに涙を流しながら人々は見続けている。

2月文楽・摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)
前半は血の繋がりがないとはいえ近親相姦の話、もードロドロで、たまらない@@
ところが後半は一転して、お家のために身を捨ててこーなったという、涙無くしては語れない
あああ、あまりに哀しい内臓切断・生き血をすするお話・・

アナタ、人生はなぜ、こんなにムゴイの切ないのーー

で、こんな話ばかりじゃツマラナイ。
今週はロックオペラ・モーツアルトをみにいく^^
ナナちゃんが山本耕史に狂っているから仕方がない。
もっとくだけたところで、三谷幸喜&野田秀樹・おのれナポレオンはチケット即完、
まったく買えない@@
「ホロヴィッツとの対話」もダメ。
ヤフオクで金を捨てるしかない@@

えースキーは、奥志賀を堪能して、あとは軽井沢でお終いだ。
今年は東京でも雪が降る可能性が大、スタッドレスはしばらく外せない。

相場のほうは、国家権力あげての情報戦でなかなかシッカリ。
銀行株が下げそうで下げない、高値で買い戻したり現引きしていたら、平均コストが
上がってきた。
みずほ185円、筑波330円、三菱が495円あたりだから急落したらトントン。
まあ、ここからは買い増ししないで、お手並み拝見。
明日は売りから入ろうかと思っていたら、甘利経済再生相が株価13000円目標!@@
はほはほ、経済閣僚が株価水準について言及するなんて前代未聞、共産主義国家の
することじゃねーか^^
あわてて売り注文を全部消しておいた。
自民党は本気だね、参議院選までなんでもやってくる。
いまや安倍政権の支持率70%@@
民主党の度を越した弱者救済策が、まじめにやってきた土地と株をもっている
国民を怒らせた。
そして中国のおかげで右傾化、共産党まで中国批判をはじめた。
麻生先生の失言事件にしても、多くの国民の声を代弁した。
俺の両親も延命措置なんてやめてくれって言ってたしな。
まあ問題はインフレがどの程度、資源・土地にまで波及するか。
バブルの度合いと、賃金の上げ具合。
大衆なんていうのは、自分にとってマイナス材料が出ると、簡単に裏切るからね・
FXはドル円で95円目前で保ち合い。
ここを抜くと、次のフシは100円^^
本当に100円になるのかどうか、ココロをひらたくして淡々と観ている。

さて、魂魄なかばからだをはなれたか?
あまりよく分からないが、均等なる宿命の下、おおくの人々がコツコツと誠意を
もって歩んでいるのはわかる。
そのようなことが、やっとわかるようになってきた。
だから、俺はやはり狭き道より入って、悪事を働くにしても誠実に働こうと
思ったのだ、俺の愛する人達のために。
[PR]

by sniperfon | 2013-02-11 22:57