<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

世情

日本の女性歌手で、だれが記憶の底に残っているかといえば、それはやはり「美空ひばり」なのであります。うまいとか、声がいいとか、そんなことは、あたしには関係ない。
人に歴史あり、我々の世代が思春期のころよりヒバリを聴いていたかといえばとんでもない。
ヤクザと仲がいいと、朝日新聞にさんざん叩かれていたころ、アタシは美空ひばりは極道の情婦だと思っていた。つまらないオンナだと思っていたわけだ。
21歳で自宅に戻り、アタシは黒衣を着て生きていくことにした。
詩をやめて大学にいき、就職をし、両親を安堵させようと決めたのだ。
観音様のもとに還るのは50過ぎてだから、それまでは、異星の地球で生きていくと。
人生を巡航するには楽しみごとが必要だから、それは、思索・車・囲碁・音楽・絵画・セックスとした。
アタシは凝り性だから、その道をいくと決めたら、けっこうコダワル。
そして、ひとの話を聞くのは大嫌いだから、ほとんど、ひとりで始める。
時間もかかるし、遠回りもする。
こーゆう人間は社会から受け入れられないから大成しない、せいぜい、大家業で「お山の大将」となるだけだ。
音楽も、全部聴かないといけないと、思った。
16歳で高校入学のお祝いに買ってもらったステレオ、うれしくてレコードを買ってきた。
最初に聴いたのはペレス・プラードのラテン音楽。
そしてジャズ・クラシック・邦楽・歌謡曲・カンツオーネ・シャンソン・南米やアフリカの音楽。
で、ひばりが体調を崩しはじめたころ、死ぬ前にいちどきちんと聴かないといかんと思って、全集を買ってきた。
いや、あなた、ヒバリの裏声を聴いたときには驚いた。
当時はALTECの416ってスピーカーにホーンをのせて聴いていたんですが、地声から裏声にのせていくところで、声の太さ、肉感が衰えないどころか、自在に強弱、響きを変化させていく。
天童よしみのような、太いだけの腑抜けな声質じゃなく、魂のコアが粒子となって詰まっている。
じっと耳を澄ませて聴いていると、たとえようもない寂しさをたたえて歌っている曲が多い。
あの丘越えて、っていう唄があります。
この歌詞は、ひばりが天才であるが故に生涯背負うであろう孤独を、万城目正+菊池一夫が見抜いて創り上げた名作なのですが、多くの国民は単なる恋愛歌だと思っている。
この歌を、ひばりは生涯に何百回も歌っているのでしょうが、40過ぎに歌っているのを聴くと、寂しさの通低感に驚く。
30代のころの熱い歌い方とまったくちがう。
後楽園コンサートの放映をみて、おそらくヒバリは私のなかで確固としたものになった。
激痛の中で歌うヒバリをみて、ファン層が根本的に入れ替わったといわれた時です。
ピカソと同じで芸が進化かつ深化していく、天才。
悲しい酒は、なんど、装置の調整に使ったかわからない。
ベースが低くテンポを刻むなかで、彼女の細からず・太からず・消え入りそうで消えない声を再現しようと。。

で、ひばり賛歌はいいのだが、特段の欝状態で、生きるか死ぬかのときに、女性で誰を聴くかといえば、それは、あなた、中島みゆきでしょ@@
アルバムでは『愛していると云ってくれ』が好きだが、当時はドロドロの愛憎歌が多く、彼女のファンだった女の子が、毎日聴いてると暗くなるから、、と言っていた^^
彼女の詩質へのこだわりは谷川俊太郎との出会いが決定的だとよく言われるが、そのとおりでしょう。
アルバムのなかに「世情」というのがある。

***********************************
世の中はいつも 変わっているから
頑固者だけが 悲しい思いをする

変わらないものを 何かにたとえて
その度崩れちゃ そいつのせいにする

シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく
変わらない夢を 流れに求めて
時の流れを止めて 変わらない夢を
見たがる者たちと 戦うため

世の中は とても 臆病な猫だから
他愛のない嘘を いつもついている

包帯のような嘘を 見破ることで
学者は世間を 見たような気になる

シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく
変わらない夢を 流れに求めて
時の流れを止めて 変わらない夢を
見たがる者たちと 戦うため

シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく
変わらない夢を 流れに求めて
時の流れを止めて 変わらない夢を
見たがる者たちと 戦うため

シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく
変わらない夢を 流れに求めて
時の流れを止めて 変わらない夢を
見たがる者たちと 戦うため

*************************************

この歌は難解であるとか、反体制・不条理とか、いろいろ枕詞が並んでいるがそんなことはない。

句読点を仮に入れればこうなる。

シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく
1 変わらない夢を 流れに求めて、
時の流れを止めて 2変わらない夢を
見たがる者たちと 戦うため

対立の構図が明確だ。
前者の夢を後者の体制は卑下したように眺めいる、ここでの夢は永遠性をもった聖。
これは自然な解釈だ。
しかし、この歌を聴いていると、隠された聴きづらさが伴う。
1と2は同じ夢なのか?
そう思うリスナーも出てくるのだ。
前者は無産共産主義の夢で、後者の夢2は現世で確立された利益、なのかもしれない。
そうなると、それぞれが自分に都合のいい夢を求めているという、むしろ、染み入ってくるような解釈になる。
そして、面白いのは「流れに求めて」という反権力志向的なデモスタイル。
当時の学生運動の根底にあったのは「暴力の肯定」であり、建前は鉄と血の意志だったはずだ。
決して流れに身を委ねたわけじゃ、あるめー

歌詞というのは、かように、面白いものなんです。
1978年当時、ベトナム戦争はすでに終結し、若者は長髪を切って社会人になった。
自由主義思想と共産主義思想のハザマを勘違いした自称共産主義者が、愚かな行動を続けていたが、多くの若者はさっさと現実に戻っていた。
この歌は、変革への情念が冷えつつあったときに、(価値観がゆっくり壊れだした)絶対と相対の相克感を歌っているような気がする。
そして、深い現実に対してなにもなしえない、知識人へのサヨナラ。
いまの民進党はそのころの残党が多いので、未来を見据えていた歌ともいえる。
しかし、それはいまだから語れる詩篇に対する評論であって、中島みゆきは、単に学生運動の敗残者に対して歌ったのかもしれない。
ここまでアタシが話を引っ張ったのは、坂本龍一がこのアルバムに参加しているからです。
坂本は高校の後輩で同じ社研にいたが、早くから吉本隆明の胡散臭さを言っていました。
アタシと同じで、根っこはアナーキストの香りがする男だ。
彼が自在な思想観を中島みゆきに伝播した結果、色彩不透明な歌詞がうまれたともいえるし、おそらくそうだと思う。
アタシはこの曲を聴くたびに、ただ涙が流れ出してよろよろして、倒れそうになるので、あまり聴かないようにしている。。。
ちなみに中島みゆきのレコードを仕切っていたのは川上源一、ヤマハの天皇といわれた男。
中島みゆきのレコードの音質がいいのは、世界のヤマハの音響技術のおかげだ。
彼女は生涯、川上への畏敬の念を失わなかったという。

タマの「世情」も最高で、俺は、この子には惚れているんだ。
離婚したなら、俺のところにこい。

タマといえば、ネコ系の名前だ。
ネコといえば漱石だ。
漱石は俺の小学校の大先輩で、神。
脳はいまでも一部が東大に安置されている。俺の脳を、となりに安置して欲しいのだが、希望者が多過ぎて俺まで回ってこない。。。
最近は本を読むのがおっくうなので、CD全集を車で聞くようにしている。
漱石といえば、当然「ぼっちゃん」もCD入り。
主人公はいわゆる近代的自我に目覚めた漱石の代理人だが、ようは、偏屈なわがままを認めない田舎者の悪口を書いている^^
この話を、地方の方々は嫌がるようだが、田舎者というのは、東京以外をさしているのではない。
個人の自由な考え、行動を、認めないのが田舎者だと言っているのだ。
しかし、他者を認めない人間が、じつはこの世の99%であり、漱石自身が、自分を認めない他者を非難するという、田舎者に成り下がっている。
このパラドクスのなかで、彼は神経を病んでいくわけだ。
学歴、出自、で他者を排除する人間は、自称知識人に多いので、みなさまも心当たりがあるのでは?
人間は、他者も自我もない、ようは好きな道を自由にいけば良い、と、アタシはAudiのなかで演説するわけだ。

555

555というのは、GoGoGo、散歩に行ったの、途中書きかけ^^

さて、世界名作全集・日本名作全集、なかには読んだこともないのはあるし、久しぶりに感動し過ぎて号泣しだすもの、、ナナちゃんは、俺の演説が好きだと言ってどんどん注文するのだが。。
「老人と海」などを聞いていると、三島の肉体死は当然の帰結であるとか、マンの「魔の山」を聞くと、話はシューベルトの冬の旅へ。
おかげで、那須への往復400キロのドライブか楽勝になった。ボヴァリー夫人なんて聞いてると、お昼間から興奮してくるが。

話は順調にとんでいくが、アタシが今乗ってるのは、Audi/A6Avantね。
以前にも書きましたが、A6Allroad、日本300台限定っていうのが気に入って乗ってた。
最初の車検もめずらしくとって、4年目に入る直前、アギャー、クラッチの1.3.5速が入らない@@
2速発進して次が4速、トロトロの出だしで突然4速だから、ぎくしゃくして走れない。
奇数クラッチがロジック故障、ドイツ本国に基盤取り寄せ、3ケ月待ち、50万@@
バカヤロー、俺はAudiに乗って30年、ヤナセがV8を売ってるころからの、Audi車イノチのガチガチコアなチンケヤローだ。
お前みたいなチンピラ営業マンになにが、わかる!
さっさと修理しろ!!
そーしたら、アナタ、ドイツ本国と通信して基盤書き換えで治った@@@@@@
帰り際、またエラーが出るかもしれないので、修理依頼、お願いしますだと・
俺は、完全に切れたの。
なんという、いい加減さ。
3ケ月待ちで、代車なし。
怒ったらすぐ治して、また故障するだと。
これ、本当にあった話ですぜ、限定300台のオーナー登録をAudi Japanは完全掌握しているので、みっちゃんが誰か、すぐわかる。
当時、VWグループの燃費疑惑の真最中だったので、アタシはすぐに知り合いの営業マンにAllroadを売るって電話を入れた。
さて、ここからが困った。
ベンツはアタシ達の年代でIQが高くて金のある連中は絶対買わない、あれは成金・ヤクザ用だと刷り込まれている^^
BMWはミーハー、30センチくらいの路面水没でだいたいエンコしてたのがBM、シャコタンでもないのに??
国産はダメ、じゃあ、どうするの?
もう歳だし、小さめのスポーツ車がいいんじゃないかと皆がいうので、結局、また、Audi のA5。
ぐははは、これがまた、デザインだけに力をいれた、ピョンピョン車。
軽いしエンジンは吹き上がるが、細かい段差で跳ねる。とてもじゃないが、空気圧を下げないと乗れないシビック並み。
同じA5に乗っていた初老の方と話していたら、この方もベンツに乗っていて、いまはA5。
やはり跳ねるので、真夏でもスタッドレスを履いているそうです。
こんな仕事をしているようじゃ、Audiはいずれ潰れるね、東京じゃベンツばかり増えている。
冬の関越で濃霧の中、アタシのA6Allroadを悠然と抜いていったのは後輪駆動のベンツS600です。
ベンツは違う。
Cクラスには、つまらないエンジンと安いタイヤしか付けない、出足もトロイ。
しかし悠然とした安定感は代え難い、最近の若者はベンツを買っている、時代はまさに「世情」のごとく変わっていくのです。

そいでもって、とどめは、やっぱり素人ナナちゃん。
「ねえ、この車、前のより揺れるから、スマフォ打てない・」
ハアハア、あたしは1年でA5を投げて、翌日、A6Avantを買いにいった。
よって、現在はA6Avant。

で、日本で、車離れが起きて久しいといわれます。
若者の給与が上がらない、コンピューター化されて遊べる車がなくなった、いろいろ言われてますが、アタシはマスコミ・評論家に、非常な不信感を持っている。
あと20年若かったら、自動車評論をネットでやろうと思ったほどだ。
「間違いだらけの・・」なんて書いていた評論家もいましたが、信用できない。
彼がいつだったか、ベンツのAにのって、「コイツア、いい」なんて書いてました。
じゃあ、本人が乗ってるのかと思ったら乗ってないのよね@@
いいなら、テメーが買えばいいだろ、そして毎月、燃費・試乗記・経年劣化を書き綴っていくのが評論家の矜持だろ@@
アタシがシトロエンのXMに乗ってたころ、例の評論家はシトローエンだと書いていた@@
こーゆう安っぽいキザさが、文化を一見高尚にみせて、大衆の離反を招く。
大衆が離反した文化・芸術は、経済原則から必ず滅ぶ。
オーディオもそうでした。
STEREO SOUNDが金持ちの家を訪ね歩いて、あらー、お宅は上品にまとめてますね、音質も、、、なんて書き始めてから、衰退していった^^
サラリーマンがオーディオにかけるお金など、生涯で500万から1000万。
いまでは、2本で500万のスピーカーがある。
成金か犯罪者しか、買い換えていけないでしょう。
車は外から見えるから最後まで見栄で買ってる連中が多いが、いずれ10年落ちのベンツを整備に出せずにころがしている家が増えてきそうだ@@
メーカーから接待を受けて、幅広タイヤのフルオプション、燃費最悪の車の、どこを誉めるのか?
タイヤっていうのは空気圧0.1動かしただけで、乗りアジ・コーナーリングが変わってくるんです。
0.3から0.5変えたらナナちゃんでもわかる、サスやアルミを変えたほどの違いが出てくる。
空気圧まで書いて試乗している評論家、みたことあります?
そうかと思えば、箱根のターンパイクで危険運転をしながら、サスはどうの、吹け上がりはなんて書いてるレーサー上がりのバカもいる。
峠で飛ばすアホがいまどき何人いるんだ?そんなアホのために車は開発されているのか?
メーカーが限界性能をチェックするためにテストコースで行う行為を、平然と公道で行っている。
アナタね、1台500万前後の車を生涯10台乗ったら5000万。
一戸建てと同等の出費をする趣味です。
評論家は接待されながら新車にのれるが、多くの若者は、土日に試乗するしかない。
ましてや、中古車屋は試乗お断りも多い。
評論家・ディーラーの営業マンは5000万の商品を売るだけの、知識、見識をもっているのか?
評論というのは、まず、基礎を公開しなくてはいけない。
自分はどんな目的で、どんな車を選んで、グレードはこうで。タイヤ・ホイールの銘柄、幅、重量。燃費計測は高速、一般道、渋滞路、全部分ける。
6年償却して、維持費はこうで。

そういえばアジアンタイヤってご存知?
中国・韓国・台湾・インドネシア産、国産の1/3~1/5で買えます。
あまり安過ぎて不安だと、ネットでカキコミがあふれている。
ドイツ車に乗ってるならわかるが、錆びた軽に乗ってる人間が不安がってる。。
バーストしたって関係ないだろ、車両価格3万円なら@@
しかしアジアンタイヤについて評論家やマスコミは、ほとんどふれない。
どこかのスポンサーが圧力をかけてるとか^^
売上げは爆発的に伸びています、若者がネットで買って持込で交換する。
スタッドレスなんて東京の人間は関係ない、年数回のスキー用。
飛ばせるスタッドレス・ミシュランばかり使ってましたが、高い。。
4本で15万はする。
あなた、ナンカンのスタッドレスだと、5万。
中国産だと3万以下(4本で・・)
ZETA ANTARCTICA5 って、これがイタリア系だっていうので、隠れた人気・激安4本で17000円・
ばほほほ、ここまでくると、面白がって毎年買い換えて楽しんでいるヤツもいる。
アタシはね、車は人生の一部だから、車両に1000万出すのはあきらめるが、理不尽な、非論理的な品物・価格には納得できないあるね。
アジアのスタッドレスをはいて、3年間モニターした評論家などいますか??
スタッドレスの評価というのは極めて難しい、だからこそ真剣にモニターすべき課題なんです。

アタシの知り合いのタクシー運転手は、新潟に帰るとき、ノーマルでいきます。
関越はタイヤチェックがあるので、三国峠超えです@@
くだりは決してブレーキを踏まない、速度は15キロ前後、エンブレだけで下る。
上りは絶妙なる半クラ(オートマじゃない・・・・)
タイヤに、スプレー式の滑り止めを吹きつけ、上れないところでは持参の砂を適当にまく!!!
これ、本当の話あるよ@@運転はアタマ。
あたしはスキーに行くとき、あらゆる場面をみてきた。
ほとんどが運転者の無知、自信過多、不注意です。
下りノーブレーキ・上りは4駆でもゆっくり、注意すべきはカーブ。
この3点だけで、どんなスタッドでもまったく問題はない。
高速は常識走行ならOK。
馬鹿は下り坂で追い越していく、俺にあおられて谷底へ逝ったヤツもいるか。
事故のほとんどはカーブ、対向車にあわててブレーキを踏んだ一瞬です。
電信柱とご対面した方々を、よくみてきた。
アタシは東京・長野間を駿足でいくためにミシュランを使ってきたが、最近はACC(オートクルコン)のおかげで、ほとんど自動運転。
みながACCになってきたから、一団になって大人しく走っている。
だから、別にミシュランじゃなくてもいい。
メーカーはわざわざ北海道にいって、平坦なテストコースでフルブレーキテスト、バカにつける薬は無い。
もっとアホなのが、メーカー癒着の評論家。
テストコースでスラローム回転しながら、逆ハンだとか、踏ん張りがきく・・
ボケ評論家の見本
アイスバーンでこんな運転する人間いるか?
俺はあきれて、今年はアジアンスタッドレスにしようと思っている。
そして生きていたら、3年間、試乗報告を書くつもりだ。
危険運転者用のスタッドレスを開発して、北海道御用達だとCMする。
アジアをバカにしているのは同じアジアの日本人、愚かな国民だ。
サマータイヤにしても、世界に輸出されて各国の認定を受けたアジアンタイヤのどこが危険なのか?
この方は有名で、HIFLYを推薦している。
タイヤが高いからギリギリまで使って、高速でバーストする。
安いタイヤを2万キロ程度で交換したほうが、はるかに安全。

ちなみに次の車はEVと決めている。
d0150305_11330710.jpg

電気自動車に乗って死ぬと、50年前からの予感が-観音様からの啓示。

さて好きな選挙のことや、落語・株のことも書こうかと思ったが、お尻が痛くなってきた。
衆議院選挙は小池断固支持ですが、首班指名の謎解きができないので困る。
アタシは安倍君でも良かったのですが、子供に君が代を斉唱させたり、神道教育させるようなのは好きじゃない。
保守とオカルト右翼は違うし、子供に色をつけてはいけない。
民主主義は高い代価をはらって守っていくべき制度です。
小池ちゃんなら、原発反対といいながら、核兵器を秘密裏に準備していく手際を心得ている。
戦争前夜に戦争反対などといっているノー天気さは微塵も無い。

世の中は とても 臆病な猫だから
他愛のない嘘を いつもついている

包帯のような嘘を 見破ることで
学者は世間を 見たような気になる

だれも戦争など望んでいない。
戦争は喧嘩だ。
喧嘩をしかけられたとき、子分になるか、闘うか、それだけしか選択肢がないということだ。
あとはオヤジを呼んでくるか。
安倍君は米国を呼んでいる。
だから、包帯を解いて、このような形でしかいえない。
皇居に核が落ちても、山手線の内側が全滅するだけだ、たいした問題じゃない。
俺は死んでもいい。
あとは6大都市、米軍基地・自衛隊基地へ打ち込まれれば北の核など在庫がなくなる。
たいした問題なのは、日本全体が全体主義国家になることだ。
小池ちゃん、伸び悩んでいるそうだ@@





[PR]

by sniperfon | 2017-10-08 13:47 | Comments(0)