<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

友達いらんかね

孫と時々食事をするんだが、アタシからみると、ノンビリの甘たれにみえて、レストランで睨みつけてあげた。
そーしたら、シクシク泣き始めて、場はしらけるわけ。
息子は、こーゆう雰囲気になると、食事会も出来なくなると、俺に文句を言う。
そもそも、孫が好き嫌いを言い始めて、両親が困っていたから、アタシは嫌われ役になったのに、なんとも情けないバカ息子だ。
こーゆう一家と付き合うと、こちらのレベルダウンに繋がるので、ナナちゃんに、金輪際バカ息子一家と食事をしないと言っておいた@@
家族などというのは、最初からDNAが違う個体の集合なんだから、離れていて丁度いい。
その辺が、一般大衆はわからないから、近づき過ぎて事件が起きる。
殺人事件は近親者の間で一番起きているというのは、当然の話なのだ。

だから、アタシクラスになると、今日も青空の下で爽快に一人生きている。
あまり爽快なので、金儲けや、若い女の子の口説き方を考えていたのだが、100年単位で考えると、日本もガラガラポンの時代になってきたようだ。
金儲けは、金利によって決まる、これが大原則だ。
安い金利で金を借りて、高い金利でもうける。
安い金利で金を借りて、安いモノを買って、高く売る。
安い金利で金を借りて、事業を展開する。

で、この30年間、一番儲かったのは大家業だ。
年利10%以上で回転してきた。
ところがいまや、専業主婦からサラリーマンまで、総大家。
都内で5%くらいの中古アパートを買ってるバカがいる。
人口減、空家率上昇、5年後には破産者続出だろう・・土地など売れる時代ではない。
シェアハウス「かぼちゃの馬車」破綻ニュースが、年明けから問題化している。
ジャブジャブ融資していたのがスルガ銀行、借りていたタコは属性がいいと言われている、弁護士・医者・高給取り@@
弁護士なんていうのは究極の2枚舌人間ですから、まあ、大勢に影響はない。
アタシは大きな物件は昨年までに売り抜けて、いまは、まったく爽快な自由人だ。

そんな話をしていたら、どっかのタコが、みっちゃん様、いま何をやったら儲かりますか?という。
あほんだら、金融業(ようは金貸し)に決まってるでしょ!と言っておいた。
株やFXに狂った若いやつに金を貸しておけば、1年で飛ぶから、担保の土地はアンタのものになる^^
もっとも、地方の土地など10年後にはタダでも売れないから、要注意・・
ソニー銀行・セブン銀行・ネットバンク、ようは日本中が、金貸しに舵を切り始めているんです。
融資先がないから、スルガのような悪質金融が出てくるが、人の金で上前をピンハネする悪魔の商法は永遠不滅。
サラ金を潰して、銀行がサラ金業をやっているスキームは、政界・弁護士の悪知恵のたまもの。
成熟国家・老衰国家・日本が今後生き抜いていくには、金融国家にするしかない。
あとは、総カジノ化!
猿之助などはストレス解消にラスベガスに行って、ノンビリ遊ぶのが最高だといっている。
北海道から沖縄まで、カジノを10ケ所以上つくって、中国人は沖縄なら2割引、インド人は北海道へ送り込む。
世界中の人間をカジノ漬けにして、日本人はカジノ会社で完全雇用にすれば、国家は100年もつ。
自民党の常識は、大衆にはわからない^^
日本の野党は、なぜ、こんなに間抜けなのか?

で、さっきのタコが、金融は大変そうだから、もっと身近で、安楽な方法はないかという・・
アタシがブログで書くと、また大衆が真似をして、一億総大家になるからイヤなんだが、リスクがほとんどなくて、おもしろいのがヒトツあると教えておいた。
FXをやる方でスワップ派というのがいる。
国家間の金利差を利用して、金利を受け取るという手法だ。
これは、けっこうリスクが高くて、10倍以上のレパレッジ(元本の10倍買う)で売買すると、だいたい一回の変動で逝ってしまう。
こんなものは投資でも投機でもなく、たんなる遊び、投資家のヤルべきものじゃない。

で、数字に固いヤツが、両建て抜きというのを考えた。
スワップというのはFX会社によって異なる。
複数のFX会社を利用すると、スワップの差額を抜ける。
5000万づつ合計1億、2社にわけて預入、いまなら南アランドを両建てにする。
レパレッジ5倍程度で、月25万・年間300万、利回り3%程度にはなる。
リスクは一晩で10%程度の為替変動があった場合、片方の持ち玉が強制ロスカットにあう可能性がある。
もっとも、一晩で10%の変動があるときは、国家的なリスクなので10%以上金利差が動く。
ロスカットされないプラスのFX持ち玉は、大儲けになってる可能性もある^^

まあ、タコは1億用意して、両建て抜きをやってるようだが、これから世界的な利上げ環境に入ってきたら、スワップの勉強をしておくべきだろう。
金利に勝るものはないのである。

あと、注意すべきは、日本だけこの異常な低金利政策が続いた場合。
いずれクラッシュがくる可能性がある。
資産をなにに変えておくべきか、海外にもっていけるか。
土地は持ち出しできない、現金は預金封鎖でダメ、タンス預金は新札切替をされたら紙くず、金は重いし空港で金属反応がでる。
仮想通貨しかない、だからリスクを承知で世界中の金持ちがやっている。
一部のプアな若者が一攫千金を目指して吠えていますが、本質は資産保全です。
国家権力はそのことがわかっているから、規制下に収めようとしている。
あと3年もしたら統制されるでしょうから、グローバルな優位性があるなら、そのころから参戦すればいい。
いまは、ダイヤしかない@@
それも、宝飾ダイヤはダメ、あんなものゴミ。
原石をもって、肛門に隠して逃げるのです@@
女性は穴が2つあるから有利^^
あら、アナタ、歴史をご存じない?
赤坂の有名料亭の女将、戦前に満州から逃げてくるとき、アソコにダイヤ隠して帰還したんですよ。
そのダイヤで赤坂に土地を買った。
いまは、デビアスではなく、ユダヤとロシアが、ダイヤのカラクリを仕切っているようです。

で、こんな話ばかり書いてると、人生イヤになるので、ノホホン話。
ナナちゃんの実家というのは、富山のとある駅前の食堂。
そこで50年間、食堂・旅館を仕切ってきた母親がボケてきた、91歳。
店が人生そのものだから、ヨタヨタして店をやっていた。
時々、火を消し忘れて、なべ底に穴をあける@@
ことしの正月、アタシは言ったのよ、{俺が引き取る}って・
周囲は唖然・俺はAudiに乗せて、さっさと東京まで連れてきた。

最初の1週間くらい、富山に帰りたい、ここはどこ?、新幹線で帰るから駅までたのみます、車で富山まで送っていって欲しい。。
そんなことばっかり言っていた。
で、ある日、おばあちゃん帰りなさい、歩いて富山まで帰りなさい、雪が2mくらいある安房峠を越えて、歩いて帰りなさい。
俺なら、そうする。
って言ったの。
人間は、どーせ、1回は死ぬのです。
自由に生きたいなら、自由にすればいい。
自由がきかないなら、覚悟するしかない。
91歳にもなって、なにをガタガタ言ってるんだということを、教えてあげた。
そうしたら、しばらく険しい顔をしていたけれど、その後、2度と富山に帰りたいなんて言わなくなった。
毎日、Audiで、スーパーに二人で買い物に行くのが日課。
アナタ、このあいだ、東京は雪がなくて暖かくていい、いつまでも、ここにいたいと言ったのね・

人はボケようとも、魂まではボケない、そのことを忘れちゃいけません。

アタシには友達も仲間もいない、友達など欲しいと思ったこともない。
仲間内の結束で生きてる人間ほど、保守的で形式的なのは不思議なものだ。
極道や歌舞伎界は、その典型だろう。
アタシは、折々にふれて、魂のありかが感知できる人々と接触できればいいと想ってきただけだ。
たまたま家族が友人であり、そういう人生のカタチもある。
いろいろなカタチが観えてないと窮屈な人生になってしまう、みえないほうが楽な場合もあるが。

今日も、東京の空は青く、人情なんてどこにもありはしない風情です。





[PR]

by sniperfon | 2018-02-16 09:30